「みのり」とは?
何をする場所なの?


「みのり自由楽校」の「みのり」とは、この建物がある地域の名前です。
下乗嶺・高峯・新名の3地区を合わせて「三和地区」これと、さらにお隣の「乗嶺(のりみね)地区」をあわせて「三乗(みのり)」地区と呼ばれ、稲の「実り」の意味も持つ、日本の棚田100選にも選ばれているのどかで美しい場所です。

この下乗嶺874番地に、みのり自由楽校の拠点である「いっぷく処 まめのま」があります。

予定ではこれから2019年4月~月水金の週3回、主として、「学校に行きづらい」と感じている子どもや大人(そう、「学校に行きづらい大人」です。)が、元気になるための場所として
開校します。

居場所であると同時に、「手仕事の衣・食・住」と関わる( 見る、聞く、やっ
てみる) ことを通じて、「生きる力」につなげたいと考えています。

校舎となる「まめのま」を
飛び出す日もあります。

   「食」 → 畑作業・健康で美味しいお料理・味噌作り・塩作り・卵とり・心身の健康 など

 

   「衣」 → 綿の栽培・裁縫・編み物・織物・羊毛・毛刈り など

 

   「住」 → 左官仕事・大工仕事・木工(アクセサリー・工芸品)・瓦仕事・林業見学 など

   「その他」→医療福祉サービス業・販売営業見学・工場工房見学・6次産業化・少子高齢化・地域活性化について など


子どもたちが動きだして意見がでたら、「これやってみたい!」を週末の親子ワークショップとしてカタチにしていきます。希望者には「学びの場」としても機能するように、教育関係の方、様々な職種の方と連携していきます。(みのり応援団のページへ。)

森のようちえん「まめでっぽう」(http://mamedeppo.com/)の園児も、遊びに来ます。


生きる力

生きる勇気GET!


生きる知恵・応援する大人たち・自由な生き方

居場所の周りにある衣食住に携わる

安心できる仲間・居場所があること
(マズローの段階欲求説に似ていますね。)


画像はイメージです。




開校に向けてご挨拶 ~私も1保護者です~

 

2007年から森のようちえん「まめでっぽう」の代表をしていました市村篤子と申します。

このたび、2019年4月から、富山市八尾町にある拠点のおうちを利用して、フリースクール「とやま みのり自由楽校」を開校する予定です。

 


「みのり自由楽校」のキーワードは「生きる」です。

 


文科省でも「生きる力」「アクティブラーニング(自発的で深い学び)」「大学入試で人物審査」など様々な変化が起こりつつあります。しかし、私たちオトナは、受験勉強や就職活動など、昔のやり方で育ってきました。

 


すでに「年功序列・生涯雇用」という言葉は過去のものとなりつつあり、
情報はネット上に玉石混交(真偽が不明)状態で子育て方法もピンキリで真逆のものも多い。

はぁ。ってなりますよね。

たぶん、正解はひとそれぞれだと思います。

とりあえず、『毎日、お疲れ様です。』

一緒にお茶でも、ご飯でも食べましょう♪

まずは心と体を癒してあげましょ。
おとなも、こどもも一緒に。

別の場所が必要であれば、おとなだけ、こどもだけの別な場所で。

ここには温かい薪ストーブがあります。
掘りごたつもあります。
お布団からシャンプーまで、一通りの生活道具があります。
フェアトレードでオーガニックのコーヒーも、ハーブティもあります♪

私はみなさんとつながりたいのです。
他人のお子さんなら果てしなく温かく見守れることも
自分の子となると別問題です。

ならば、
お互いに、お互いの子どもを子育てすればいいのではないでしょうか。
親同士も、語り合い、見守り、学び合い、励まし合いましょう。
人は集団で生きる生き物なので。
ここは「学ぶ場」ではなく「大人も子どもも、みんなで学び合う場」なのです。